薬剤師の求人の評判は本当か

実際に直接求人先の薬局の現場へ見学に行かせてもらった

薬剤師として新しい求人先を探す場合 | 実際に直接求人先の薬局の現場へ見学に行かせてもらった | 現場を見てから決定することが重要

 大変参考にはなったのですが、それらをすべて鵜呑みにはできないと感じたのは、実際に直接求人先の薬局の現場へ見学に行かせてもらった時でした。
元同僚の一人が「とても印象が悪い、やめたほうがいいよ」と語っていた薬局は、実際に行ってみるとそんなに感じの悪い様子はなく、むしろ真面目で熱心に仕事に取り組んでいる人が多くて良い印象を受けました。
どうやら印象が悪いと言っていた元同僚はその薬局の管理薬剤師の方と個人的に折り合いが悪くなって辞めた経緯があったようで、そういった個人的な主観が大きく影響したものと考えられ、評判というのは参考にはなるけれどあてにはならない、と思いました。
また、研修やマニュアルが多くて厳しくて大変だからやめたほうがいいよという忠告を受けたあるチェーン薬局は、実際に面接に行ってみて、確かに制服なども決まっていて内規など覚えることも多くてきっちりした印象は受けましたが、非常にてきぱきした働き方が印象に残りました。
大きな薬局ですが調剤過誤もほとんど起きないということで、最初は大変かもしれないけれど慣れれば安心して働きやすい職場かもしれないと思いました。
反対に、雰囲気がアットホームで良いという評判の薬局へ見学に行った際は、調剤室のなかでおしゃべりをしたりお茶を飲んだりしている姿をみて何か違うなという印象を持ったので、結局は自分がどう働きたいかということが重要なのだなと思いました。
ゆるい感じで働きたい人には良いのかもしれませんが、仕事は仕事として厳しい面も持ち合わせて働くのが当然だと思う私にはその薬局の印象はあまり良いものではありませんでした。